1. ホーム
  2. ドローン(免許・規制・おすすめなど)
  3. ≫ドローンの目視外飛行の申請方法・注意点

ドローンの目視外飛行の申請方法・注意点

ドローンの目視外飛行の申請方法・注意点

ドローンの目視外飛行の申請方法・注意点

ドローンを直接視認できない目視外飛行は申請承認が必要

ラジコン飛行機やヘリコプターと違って、ドローンは直接視認できない状態で飛行させる「目視外飛行」が可能です。

しかしドローンは目視できる範囲内での飛行を前提としているので、目視外飛行を行うときは承認申請が必要です。

そこで今回はドローン目視外飛行について紹介していきます。

ドローンの目視外飛行とは

ドローンを飛ばすときは操縦者本人が目視で直接ドローンを見る必要があって、このことを目視飛行といいます。

目視外飛行とは操縦者が直接ドローンを視認せずに、モニターなどを見ながら操縦することです。

ドローン「目視外飛行」の例

FPVによる飛行

FPVとはFirst Persson View の略で、一人称視点という意味です。

FPVはドローンに搭載されたカメラが撮影した画像をモニターに映し出して、その映像を見ながら操縦します。このとき直接ドローンを視認していないので目視外飛行になります。

自動操縦による飛行

飛行プログラムによってドローンを自動操縦することも目視外飛行です。

補助者による視認飛行

操縦者以外の人がドローンを監視して、それを操縦者に伝えて飛行すると目視外飛行になります。操縦者が常時監視できずに、監視できない場所を補助者が視認して指示を出すことも目視外飛行です。

双眼鏡や望遠鏡を使った飛行

操縦者が直接視認できない距離を双眼鏡や望遠鏡を使って飛行すると目視外飛行になります。

上記のような目視外飛行をするときは国土交通省に許可申請を提出して承認を受けなければなりません。

なおドローン規制法によって飛行規制されていない地域であっても目視外飛行をするときは承認申請が必要です。

ドローンの目視外飛行の申請方法

ドローンの目視外飛行をするときは、国土交通省から許可をもらわなければなりません。

申請には各種書類が必要で、国土交通省が用意する書類と申請者が用意して添付する書類があります。

ドローンの目視外飛行の許可・承認の申請手続きについては国土交通省のホームページを参考にしてください。

目視外飛行の基準に認定されたDJI製ドローン

国土交通省によって目視外飛行の基準をクリアしたドローンがDJI社から発売されています。

目視外飛行のための基準に認定されたDJI製ドローンは以下の7機種です。

  • PHANTOM 3 ADVANCED
  • PHANTOM 3 PROFESSIONAL
  • PHANTOM 4
  • INSPIRE 1
  • INSPIRE 1 PROFESSIONAL
  • MAVIC PRO
  • MATRICE 100

これらのDJI製ドローンは機体の自動飛行を制御・計画するiPad用アプリ「GROUND STATION PRO」と連携することで、目視外飛行の許可・承認書類の一部を省略できます。

なおMatrice 600とMatrice 600 Proは別途カメラを装着して、そのカメラの写真と書類を提出すれば目視外飛行のための基準がクリアされます。

上記のDJI製ドローンは国土交通省から指定されているドローンなので、安全面から見ても安心して飛行できますね。

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

趣味でドローンを楽しんでいる方が多いと思いますが、趣味目的であっても目視外飛行をするときは国土交通省から飛行許可をもらわなければなりません。承認を受けずに目視外飛行をして、航空法違反の疑いで書類送検された実例があるので注意しましょう。

シェアをお願いします

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤのYahoo!店。RCカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品! Tポイントも貯まる!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です