1. ホーム
  2. ドローン(免許・規制・おすすめなど)
  3. ≫ドローン初心者が知りたい空撮テクニック・ポイント

ドローン初心者が知りたい空撮テクニック・ポイント

ドローン初心者が知りたい空撮テクニック・ポイント

ドローン空撮は誰でも簡単にできるがテクニックも必要

従来は空撮映像といえば膨大な手間と経費が掛かるものでしたが、ドローンの登場によって誰でも簡単に空撮できる時代がやってきました。

しかし印象的でキレイな動画を撮影するにはテクニックも必須です。

そこで今回はドローン初心者がおさえておきたい、空撮テクニックポイントについて紹介していきます。

ドローンを使った空撮テクニックとポイント

ドローン空撮をするにあたって、まずは思い通りに機体を操れるようになることが必要です。操縦技術を磨いて機体を自由自在に操れるようになれば、思い通りの映像が撮れるようになります。

あらゆる条件下でも離着陸を完璧にこなせるようにする

意外かもしれませんが、飛行中の機体制御よりも離着陸テクニックに優れている人のほうが、キレイな動画を撮ることができます。

あらゆる条件下であっても必ず安全に着陸できるテクニックを身に付ければ、余裕をもって空撮のベストアングルを考えることができるからです。

離陸~ホバリング~着陸の動作を繰り返し練習して、基本的な操作を完璧にマスターしてください。

カメラの角度は固定する

本格的なドローンにはチルトとよばれるカメラの角度のコントロールがついています。

空撮のプロはチルトを使ったリフトオフを多用して、カメラを真下に向けて上昇しつつ、高度が上がったところでカメラ角度を上向きに変えて印象的な動画を撮影したりします。しかしこれを初心者が真似すると失敗の原因になってしまいます。

空撮の初心者がチルトを使ってカメラの角度を動かすとブレにつながります。操作に慣れるまではチルトを使わずにドローンの角度を変えて、ベストアングルを探しましょう。

カメラの絞りのオートモードは使わない

ドローンのカメラに絞り設定のオート/マニュアルモードの切り替えがついている場合、まずはマニュアルモードに設定して空撮してみましょう。

オートモードで空撮すると風景の明るさと連動して動画の明るさが変化してしまって、メリハリに欠ける映像になりやすいからです。

ドローンを上昇させるコツは目線の高さから

ドローンで空撮するときは、まず人の目線の高さでホバリングさせておき、徐々に高度を上げていくと奥行きのあるダイナミックな映像が撮影できます。

被写体が動いているときは、ドローンを目線の高さで並走させて、タイミングを見ながら上昇させるというテクニックが使えます。

被写体を中心にして旋回しながら撮影する

被写体を中心点にして、その周りを旋回させる方法をPOIとよんでいます。本格的なドローンにはオートPOIモードがついていることがあります。

POI操作をマスターすると、目標物に近づいたらそこを中心としながらPOI撮影してみたり、複数の目標物をアングルにとらえながら撮影するといったことが可能になります。

初心者には難しい撮影テクニックですが、練習することでドローンの操縦技術も向上するはずです。

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

YouTubeなどを見るとハイレベルな空撮動画がたくさんアップされています。これらをお手本や目標としながら練習に励むのがよさそうです。空撮をする前にどんな映像を撮りたいのか、頭の中にしっかりイメージしておくことも大切です。

シェアをお願いします

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤのYahoo!店。RCカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品! Tポイントも貯まる!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です