1. ホーム
  2. ドローン(免許・規制・おすすめなど)
  3. ≫初心者が知りたいドローンの飛ばし方・操縦方法

初心者が知りたいドローンの飛ばし方・操縦方法

初心者が知りたいドローンの飛ばし方・操縦方法

安全にドローンを飛ばすには

最近のドローン操縦がかなり簡単になってきました。しかしいくら簡単に飛ばせるとはいえ、ルールを守って安全に飛ばさないと人にぶつかって怪我をさせたり、落として壊してしまうことがあります。購入後にいきなり飛ばさず、まずは取り扱い説明書をしっかり読むようにしましょう。

ドローンの操縦方法

ドローンの進化に伴い操縦方法も多様化してきました。中にはタブレットを使って簡単に操作できるものもあり、初心者でもいきなり飛ばすことができます。

しかしどんなに簡単に飛ばせても、基本的な操作を覚えておかないと、イザというときの対処ができずに事故やトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。ドローンを購入したらはやる気持ちを抑えて、まずは取り扱い説明書をしっかり読んで基本的な操作法をしっかり覚えておきましょう。

ドローンを操縦しながら撮影するには、両方の操作を同時に行う必要があります。慣れていないとどちらかの操作がおろそかになりがちなので、まずはドローンの操縦が完璧に行えるように練習してから撮影に挑むようにしましょう。

ドローンを見失ったり信号が途絶えたときには、離陸した場所などに戻る設定が付いているものがあります。その場合にはGPS機能が作動するようになっているか確認しておきます。

飛ばす場所に注意する

機体本体+バッテリーの合計重量が200g以上のドローンを飛ばすには「ドローン規制法」を守る必要があります。

参考記事:ドローンを飛ばすために必要な免許・資格・規制【ドローンパイロット】

ドローン規制法を守りながら飛ばすときにも、周囲に人がいないことをしっかり確認してから飛ばすようにしましょう。ドローンの四隅に付いているプロペラは高回転しているので、人や物に当たると思わぬ事故に繋がることがあります。

特に子どもは興味を示したものに触ってしまうので、ドローンには絶対に近づけないようにしましょう。

最近では全国にドローン飛行場や練習場が続々オープンしているので、近郊のドローン飛行場に一度足を運んでみるのもおすすめです。

参考記事:全国・都道府県別 ドローン 飛行場・練習場・レース場・サーキット まとめ

万が一のドローン事故のために保険に加入しておこう

ドローンを飛ばしていて人や物に損害を与えてしまったら大変です。そんな場合に備えてラジコン保険ドローン保険に加入しておくことを強くおすすめします。

ホビー用のラジコン保険は、趣味でドローンを楽しんでいるときにも損害賠償が適用されます。保険支払い限度額は1事故につき1億円限度となっていて、2年間有効の保険料は4500円です。

法人や業務でのドローン使用には適用されませんが、趣味でドローンを楽しんでいる人には保険料も安くおすすめです。

参考記事:ラジコン保険について

ドローンの最大手メーカー「DJI」で、ユーザーのみが利用できるドローン保険を用意しています。DJI PhantomシリーズなどのDJIユーザーはぜひ加入しておきたいですね。

東京海上日動火災や三井住友海上火災保険、損害保険ジャパン日本興亜でもドローン保険を販売していますが、すべて事業者向けで個人を対象としていないのが残念です。

簡単に飛ばせるドローンですが、簡単なだけにルールとマナーを守って飛ばさないと思わぬ事故を引き起こす可能性があります。安全に充分注意してドローンで遊んでください。

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

ラジコンカーなどでラジコンの経験のある人はドローンの取り扱い方や取り扱い説明書に書いてあることの意味が理解できると思います。しかしラジコンの経験のない人には分からない用語がかなりあると思います。取り扱い説明書を読むときには同時に用語も覚えて、意味を正しく理解してからドローンを飛ばすようにしましょう。

シェアをお願いします

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤのYahoo!店。RCカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品! Tポイントも貯まる!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です