1. ホーム
  2. ラジコンカーでドリフトを楽しむ
  3. ≫ラジドリのキャンバー角セッティング

ラジドリのキャンバー角セッティング

ラジドリのキャンバー角セッティング

ラジドリのキャンバー角セッティングは見た目も重要なポイント

ラジコンカーキャンバー角は、コーナリング特性に影響する重要なセッティング項目のひとつです。

本来はRCカーの挙動を見ながら調整していくキャンバー角ですが、ラジドリの場合は見た目のよさを好んで鬼キャンに設定することがあります。

キャンバー角セッティングの目的はタイヤの接地面の最適化

キャンバー角をセッティングする目的は、コーナリング中のタイヤの接地面を最適な状態に調整することです。

走行中のRCカーは常にサスペンションが上下動していますが、そのときにタイヤが傾いて接地面が変化します。

このことをキャンバー変化といいますが、シャシーがロールしたときにタイヤの接地面が最適になるように調整しておかないと適切なグリップを得ることができません。

キャンバー角セッティングは予測されるシャシーロール量に対して、あらかじめキャンバー角を付けておき、実際の走行でタイヤの接地面が最適になるようにサスペンションアームの長さや角度の微調整を繰り返します。

タイヤの接地面を有効活用できるようになると、穏やかな挙動でコントロールしやすくなることに加えて、タイヤがキレイに減るようになります。

ラジドリ特有の鬼キャンセッティング

鬼キャンとは極端にネガティブキャンバーを付けることです。

ラジドリの場合は実車のドリフト車のように、通常では考えられないほどのネガティブキャンバーに設定することがあります。

鬼キャンを想定していないシャシーに極端なネガティブキャンバーを付けてしまうと、操縦性が著しく低下してしまいます。

サスペンションジオメトリーやタイヤそのものが鬼キャンに対応していれば問題ありませんが、そうでない場合は-3度~-5度程度が限界でしょう。

鬼キャンを付ける場合はサスペンションのアッパーアームを短くしていくのが一般的な方法です。しかしドライブシャフトの長さを考慮しておかないと、サスペンションがストロークしたときに突っ張ってしまうので、ドライブシャフトを短くするなどの工夫が必要となります。

サスペンションのピックアップポイントを調整できるシャシーで鬼キャンにするときは、アッパーアームとロアアームの長さの差が少なくなる位置に設定したり、アッパーアームとロアアームを平行に近づけてロールに伴うキャンバー変化量を減らすようにすると、違和感のないドリフトコントロールが可能になります。

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

走行特性を基にしながらキャンバー角セッティングを進めていくグリップと違って、見た目を重視しながら極端なネガティブキャンバーに振っていくドリフトは独特のシビアさを要求されます。キャンバー角セッティングは静的な視点よりも動的な視点で見ることがポイントです。

シェアをお願いします

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤのYahoo!店。RCカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品! Tポイントも貯まる!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です