1. ホーム
  2. ラジコンカーの組み立て方
  3. ≫ラジコンエンジンの慣らし運転 part.2

ラジコンエンジンの慣らし運転 part.2

Pocket

ラジコンエンジンの慣らし運転

ラジコンエンジンの慣らし運転 part.1はこちら

車載状態でのエンジン慣らし運転は上手くいきましたでしょうか?続いては実走行させながらの慣らし運転に移ります。

第二段階は走行させてのエンジン慣らし運転

次は走行させての慣らし運転です。

先ほどの状態でエンジンを始動させてエンジンを温めます。その後、走行させますが、メインニードルが甘すぎの状態ですので1/2回転ずつ絞っていきラジコンカーが走り出すようにします。

スピードは人間が走るくらいになるまでメインニードルを絞っていき、なるべくスロットル全開のまま4~5タンク走行させます。ヘッド温度は50~60度くらいになるようにヘッドをチューブなどで覆うように工夫しましょう。

最後の1タンクではマシンを加・減速させて当たりをとるようにします。もし、加速時にエンストするようであればスローニードルを1/4回転ずつ絞っていきます。

トータルで10タンク程度燃料を消費すれば慣らし運転はほぼ終了です。エンジンが温まっているときにプラグを緩めてフライホイールを手で回して引っかかりなく回転すればOKです。もし、抵抗を感じたらもう4~5タンク走行慣らしをしましょう。

慣らし運転後にはプラグの番手を元に戻し、走行させながら少しずつメインニードルを絞っていきピークを出していきます。その後、スローニードル調整とアイドリング回転数調整をして慣らし完了となります。

スポンサードリンク

 

プロペラを使ってのエンジン慣らし運転

ベテランになるとプロペラを使ってのエンジン慣らし運転が主に行われています。

一定負荷を掛けての慣らしが可能で、マシンを走行させる必要がないなどの利点がありますが、慣らし方法や安全性を熟知していないとエンジンを壊すだけでなく、高速回転するプロペラで非常に危険ですので参考程度に知っておく程度でいいでしょう。

エンジン慣らしは最初の始動とメインニードル調整が難関ですが、一度覚えてしまえばなんとかなるものです。丁寧に慣らされたエンジンは高性能を長く楽しむことができます。エンジン慣らしは電動カーにはない面倒でもあり、楽しいものでもありますので頑張って慣らしましょう!

スポンサードリンク

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

最初は恐る恐る始動させていたエンジンも、慣らしが進むにつれて扱い方が徐々に分かってくるはずです。ニードルは甘すぎても絞り過ぎてもダメです。調整の加減は難しいところですが、これも徐々に理解してきます。一度分かればあとはそれほど難しくありません。大事なことは無理をしてエンジンを壊さないようにしてください。

Pocket

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤ製ラジコンカーやプラモデルはもちろん、塗料や工具などタミヤ製品を買えます!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です