1. ホーム
  2. ラジコンカーの組み立て方
  3. ≫ラジコンカーエンジンのメンテナンス part.1

ラジコンカーエンジンのメンテナンス part.1

Pocket

ラジコンカーエンジンのメンテナンス

ラジコンエンジンのメンテナンス Part.2はこちら

ラジコンカーのエンジン構造も合わせてご覧ください。

ラジコンカーのエンジンはメンテナンスが必要です

ラジコンカーのエンジンは非常に過酷な条件で使われますので、定期的なメンテナンスが必要です。適切なメンテナンスは性能を保つとともに、エンジン寿命を伸ばすことにも繋がります。

難しいと言われるエンジンメンテナンスですが、コツさえ覚えればどんなラジコンエンジンでもメンテナンスできるようになりますよ。

スポンサードリンク

 

点火プラグを緩めてからエンジンを降ろそう

まず、シャシーからエンジンを降ろす前に点火プラグを一旦、緩めましょう。

エンジンヘッドが熱膨張するとプラグが締まっていき、冷えると締めすぎの状態になっています。このため、エンジン単体を手に持ってプラグレンチで緩めようとしても歯が立たないからです。特にターボプラグは冷えると非常に固く締まってしまい、緩めるのが困難になります。

できれば1日の最後の走行後、エンジンが冷めないうちにプラグを緩めることをオススメします。緩めたプラグは異物混入を防ぐために軽く締めておきましょう。

 

まずは外観の洗浄から

シャシーから降ろしたエンジンは汚れていますのでまずは外観を洗浄します。

そのまえにエアクリーナーとマフラーを外し、キャブレターと排気口には専用キャップなどでフタをしておきます。

エンジンの洗浄にはメタノールかパーツクリーナーがいいでしょう。メタノールは霧吹きに詰めて噴射します。なお、メタノールは工業用アルコールでホームセンターなどでも入手できますが高価です。

16リットル(1斗缶)単位でなら塗料屋で購入するのが安上がりです。購入には署名、捺印と使用用途の記入が必要ですが、「ラジコン燃料の自作」と書けばOKでしょう。外観を洗浄したらクラッチ周りを分解し、フライホイールをウォーターポンププライヤーで掴んで外します。これでエンジンを分解する準備ができました。

スポンサードリンク

 

ヘッドのネジには要注意を!

いよいよエンジンの分解です。まずはプラグを外しましょう。

次にヘッドを外します。六角レンチかマイナスドライバーで緩めますが、精度の良いモノでないと頭を舐める可能性があります。ヘッドのネジ頭を舐めると最悪、二度と分解不可能になってしまうのでネジの頭にピッタリと合う工具を使用しましょう。

ヘッドが外れたらバックプレート(裏ブタ)を外します。簡易的なメンテナンスでしたら、ここでエンジン内部にエンジンメンテナンスオイルやWD-40をスプレーしてエンジン内部を洗浄しましょう。何度かスプレーして、捨ててを繰り返せば残っていた燃料成分が洗い流され、錆などの発生を抑えることができます。

そしてヘッドの燃焼ドームやピストンヘッドをキレイなウエスで吹き上げ、ピストンとスリーブに少しのオイルを垂らしておきます。ヘッド、バックプレート、プラグを元に戻してクラッチ周りを組み込めば簡易メンテナンスは終了です。

スポンサードリンク

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

ラジコンカーのエンジンは比較的簡単な構造なので、慣れてしまえばそれほど難しくなくメンテナンスできます。注意点としては、砂などの異物をエンジン内に混入させないことと、無理な力を入れて分解・組み立てしないことです。

Pocket

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤ製ラジコンカーやプラモデルはもちろん、塗料や工具などタミヤ製品を買えます!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です