1. ホーム
  2. ラジコンカーの組み立て方
  3. ≫ラジコンカーエンジンのメンテナンス part.2

ラジコンカーエンジンのメンテナンス part.2

Pocket

ラジコンカーエンジンのメンテナンス

ラジコンエンジンのメンテナンス Part.1はこちら

ラジコンカーのエンジン構造も合わせてご覧ください。

定期的に完バラメンテナンスをしよう

走行時間が燃料で4~8リットル程度走らせたら本格的にメンテナンスしましょう。

本格的なメンテナンスをするにはエンジンをほとんどバラす必要があります。クラッチ周り、ヘッド、バックプレートを外したら次はピストン&スリーブです。スリーブの取り外しは内壁に指を押し当てて引き上げます。

固着して外れない場合、排気ポートからナイロンインシュロックを入れて、クランクシャフトを回せばインシュロックとピストンが噛んでスリーブが上がってきます。

スリーブが外れたらピストンを上死点に持っていき、ピストン&コンロッドをクランクピンから指で外します。スリーブの内壁はウエスで拭く程度、外壁は汚れがひどければピカールなどで軽く磨くといいでしょう。ピストンはピストンヘッドの汚れを落とします。ピストンの側面とピストン上部の角には傷を付けないように注意します。

スポンサードリンク

 

コンロッドのガタに注意

次にクランクシャフトを外します。

クランクシャフトとベアリング接触面が錆びていたら軽く磨いておきます。クランクピンとコンロッドのガタ及びピストンピンとコンロッドのガタを確認します。ガタが大きいときには即コンロッド交換ですが、通常のガタでも10~15リットル毎にコンロッドとピストンピンは交換したほうがいいでしょう。

クランクケース内はメンテナンスオイルまたはWD-40で洗浄します。特にフロントベアリングは内側からスプレーで噴射して砂塵を追い出しましょう。ベアリングは指で回してゴリゴリ感があるようなら交換します。エンジンのベアリング交換はコツとテクニックが必要ですので別記事で紹介します。

キャブレターに関しては基本的にメンテナンスはしません。もし、ニードルのOリング交換をする場合には少しずつ締めていき、何回転締まったのかを必ずメモしておきます。そうしないとせっかくのニードル調整が台無しになりますよ。

スポンサードリンク

 

組み立てに無理は厳禁です

組み立ては分解の反対手順で行いますが、全ての部品がスムーズに組み上げられるはずです。もし、どこかで渋さや固さを感じたときには無理に押し込んだり、叩いたりしないようにします。その場合は一度バラして挿入角度などが合っているか確認しながら組んでみましょう。分解時に無理なくバラせたのなら、組み立て時もスムーズにいくはずですので。

ラジコンカーのエンジンは高価ですし、慣らしもして手間も時間も掛けています。できるだけ長時間、高性能をキープするためにも定期的なメンテナンスを行いましょう。

スポンサードリンク

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

高回転を多用するラジコンカーのエンジンは、メンテナンスにより性能が保たれます。特にコンロッドのガタ、ベアリングの状態をチェックして、必要なら交換することで長く高性能を楽しむことができます。適切な工具を使って、順序を守ってメンテナンスに励んでください。

Pocket

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤ製ラジコンカーやプラモデルはもちろん、塗料や工具などタミヤ製品を買えます!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です