1. ホーム
  2. ラジコンカーを走らせる
  3. ≫ラジコンエンジンのニードル調整 part.1

ラジコンエンジンのニードル調整 part.1

Pocket

ラジコンエンジンのニードル調整

ラジコンエンジンのニードル調整 part.2はこちら

エンジンラジコンカーで一番難しいのがニードル調整

ラジコンカーに限らずラジコンエンジンの調整はかなりのベテランでも難しいものです。

なぜ難しいかというと刻一刻と変化する気温や路面状態などに合わせてニードルを微調整する必要があり、明確な答えがないからです。エンジン調整は主にエンジン音を耳で聞いて状態を判断します。超エキスパートになれば他人が走行させているエンジン音を聞くだけで調整具合をスグに判断できます。

ニードル調整を覚えるには経験を積むしかありません。もし、エンジンを壊してしまってもガッカリしないでください。限界を経験すれば壊れる直前の状態を体験してるのでエンジン調整をマスターするには一番の近道なのです(私自信もウン百機のエンジンを壊してきました)。しかし、ある程度のニードル調整はエンジンを壊さなくても会得できますのでぜひ覚えてください。

スポンサードリンク

ニードル調整はなぜ必要なのか?

キャブレター

ラジコンエンジンはキャブレターで作られる混合気を燃やして運転します。

混合気とは空気と燃料を混ぜ霧状になったもので、混合の割合を空燃比といいます。ニードル調整とはこの空燃比を最適な状態に調整することが主な目的です。普段何気なく呼吸している空気も気温・湿度・気圧で空気密度がかなり異なってきます。

また、燃料もニトロメタン・オイル含有率や粘度が銘柄により様々です。このため走らせる時の空気と燃料の状態に合わせて、その都度ニードル調整をする必要があるのです。

ニードル調整には許容範囲があります。ニードルを左に回して燃料量を濃くしていくと最高回転が上がらなくなり、加速が鈍くなります。逆にニードルを右に回して燃料量を薄くしていくと最高回転が上がっていき、加速が鋭くなります。

また、ニードルを開け過ぎて(濃くし過ぎて)いるとエンジンが連続運転しなかったり、加速時にエンストしたりします。あまりにも燃料が濃い場合はエンジン始動できなかったりウォーターハンマー現象でコンロッドを破損することがあります
(ウォーターハンマー現象とは燃料が液体のまま燃焼室に入り込んでピストンの圧縮で体積変化できず、そのシワ寄せでコンロッドなどが曲がってしまうことです。混合気と違って液体は圧縮できませんからね)。

また、ニードルを絞り過ぎて(薄くし過ぎて)いるとエンジンがオーバーヒートして連続運転できなくなったり、加速時に息つきを起こして加速しなかったりします。極端に燃料を薄い状態にするとオーバーヒート~プラグフィラメント溶解~落下でピストン&スリーブに致命的なダメージを与えたり、過歪みが生じて元に戻らなくなったりします。

ラジコンカーのエンジンは空気冷却だけでなく燃料でも冷却していますので「少し甘め」の状態になるように調整しましょう。

スポンサードリンク

ラジコンカーを始めたい初心者の入門ブログ:ラジゴク!!管理人

エンジンラジコンカーで一番難しいニードル調整ですが、覚えるには近道はありません。調子の良い時の音を聞いたり、失敗をしたりして覚えるしかないのです。どんなベテランでもニードル調整を会得するまではかなりの失敗を経験しているはずです。

Pocket

ラジコンカー通販ネットショップおすすめランキング

  1. TAMIYA(タミヤ)
    TAMIYA-yahoo店
    タミヤ製ラジコンカーやプラモデルはもちろん、塗料や工具などタミヤ製品を買えます!
  2. ラジコン天国徳島店
    ラジコン天国
    電動、エンジン問わず幅広い商品展開。即走行可能な完成車も多数取り扱っています
  3. サガミ堂楽天市場店
    ラジコンサガミ堂
    老舗中の老舗ラジコンショップ!特にエンジンカー関連の品揃えの豊富さが特長です