TAMIYA SHOP ONLINE
あのタミヤが直接運営しているネットショップです。タミヤのラジコンカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品がなんでも揃います。
Yahoo!TAMIYA SHOP ONLINE
TAMIYATAMIYA SHOP ONLINE
ラジコン天国TOKUSHIMA
電動、エンジンカー問わず幅広い商品展開をされており、即走行可能な完成車(RTR)も多数取り扱っています。ココだけでラジコン関連が全て揃いそうなほどです。
Rakutenラジコン天国TOKUSHIMA
Yahoo!ラジコン天国TOKUSHIMA
ラジコン夢空間
とにかく商品が多いので助かります。「OPTION No.1」という他店では入手しにくいブランドを多数ラインナップしています。税別5,000円以上の注文で送料無料。
Rakutenラジコン専門店のラジコン夢空間
Yahoo!ラジコン専門店のラジコン夢空間
Joshin web
ラジコンの専門店ではありませんが、品揃えの豊富さと安さが人気のショップです。ときどき送料やクーポン、ポイントアップなどのキャンペーンをやっています。
RakutenJoshin web 家電とPCの大型専門店
Yahoo!Joshin web 家電とPCの大型専門店
Amazon.co.jp
なんだかんだいってもAmazonは外せないんですよね。当然ながらラジコン関連も豊富です。
AmazonAmazon.co.jpラジコンカテゴリ
AmazonAmazon.co.jpラジコン初心者ガイド

ラジコンカーをチューンナップする方法・やり方【性能アップ】

ラジコンカーのチューンナップはトータルで考える

ラジコンカーの楽しみのひとつにチューンナップがあります。様々なオプションパーツ中から自分好みのパーツをセレクトしてもいいですし、レース参加が目的ならルールの範囲内で性能アップを狙うこともできます。

チューニング=パワーアップというイメージがありますが、トータルバランスを考えながら目的に合ったチューニングをしないと性能ダウンにつながることもあります。

限られたパワーを生かすチューニング

ラジコンカーのレースではモーターやエンジン、バッテリーがルールで規制されることが多く、結果的にほぼ同じパワーで戦うことになります。そのような状況では軽量化や駆動系のフリクションロス低減によるチューニングが有効です。

パーツの材質を変えて軽量化

昔と違い現在のRCカーは非常に洗練された設計になっているので、ユーザーが穴を開けたり削ったりする軽量化の余地がほとんど残っていません。そのため強度を保ちつつ軽量化する方法として軽い材質に交換することが行われます。

Rakutenチタンビス

Amazonチタンビス

Yahoo!チタンビス

キットには多くのネジ(ビス)やナットが使われていますが、ほとんどが鉄(スチール)です。これをチタンやアルミに交換することでかなりの軽量化が期待できます。

その他にアルミパーツをカーボンに交換したり、無垢のシャフトを中空にするなど様々な軽量パーツが発売されていますが、同時に財布の中身も軽量化されるので、コストパフォーマンスを計算しながら軽量化を楽しみましょう。

なおレースに参加する場合は最低重量を下回らないように注意します。極限まで軽量化しておき、おもりの搭載位置で走行特性を変えつつ最低重量を満たすセッティング術がエキスパートの間でよく行われています。

駆動系のフリクションを軽減する

初心者向けのRCカーの軸受けには樹脂やメタル軸受けが使われています。これらをボールベアリングに交換することでフリクションロス軽減が可能になります。特にツーリングカーやラジドリ、バギーの駆動系には多くの軸受けがあるので、大幅なフリクションロスの軽減を期待できます。

参考記事:ラジコンカーに使われているベアリングのメンテナンス方法

ドライブシャフトにドッグボーンが使われていたらユニバーサルシャフトに交換することでコーナリングがスムーズになり、失速感が軽減します。

ユニバーサルシャフトにすることで脱落しにくくなり、レースでのリタイヤ確率が減る利点もあります。

走行特性を変えるラジコンカーのチューニング

メインシャシーを変えて走行特性をチューニングする

ラジコンカーのメインシャシーはカテゴリーによって形状が様々ですが、共通しているのは高剛性でありながらしなりやたわみといった相反する性能を要求されることです。

過去にはカーボンモノコックシャシーといった実車のF-1マシンのような超高剛性シャシーがトライされました。しかしラジコンカーで重要なしなりやたわみが得られず、ただ単にサスペンションセッティングがシビアになるだけといった結果しか残せずに消えていきました。

車種によっては材質違いのメインシャシーが発売されていて、交換することで走行特性を変化させることができるので走行させる場所に合わせたセッティングが可能です。

最近では1/10電動ツーリングカーや1/12電動レーシングカーの世界でメインシャシーをジュラルミンに換装することがあります。ジュラルミンから始まったRCカーのメインシャシーがカーボンが主流になり、再びジュラルミンが注目を浴びるようになったのは面白い傾向です。

オイルダンパーに替えて走行特性を向上させる

ハイエンド向けのレースマシンならオイルダンパーが標準装備されていますが、初心者向けのRCカーにはフリクションダンパーが装着されていることがあります。構造が簡単で安価なフリクションダンパーですが、細かい調整に不向きで追従性に劣るデメリットがあります。

フリクションダンパーをオイルダンパーに交換することで、細かいギャップの走破性が上がってタイヤの性能をより引き出すことができ、タイムアップにつながります。

オイルダンパーは表面処理やピストンの材質などで、各メーカーのコンセプトがはっきりと出るパーツです。レースのレギュレーションで縛られていなければ、様々なメーカーのオイルダンパーを試してみると面白いですよ。

参考記事:オイルダンパーの組み立て方【ラジコンカー】

この記事のライター:RC CAR KEIGO
チューニングというとパワーアップが頭に浮かんでしまいますが、どんなにパワーがあるモーター、バッテリーやエンジンに交換しても、それを受け止めるシャシーがしっかりしていなければ無意味です。特にサーキット走行はトータルバランスでラップタイムが大きく変化するので、バランスがとれたチューニングを目指しましょう。
おすすめの記事