TAMIYA SHOP ONLINE
あのタミヤが直接運営しているネットショップです。タミヤのラジコンカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品がなんでも揃います。
Yahoo!TAMIYA SHOP ONLINE
TAMIYATAMIYA SHOP ONLINE
ラジコン天国TOKUSHIMA
電動、エンジンカー問わず幅広い商品展開をされており、即走行可能な完成車(RTR)も多数取り扱っています。ココだけでラジコン関連が全て揃いそうなほどです。
Rakutenラジコン天国TOKUSHIMA
Yahoo!ラジコン天国TOKUSHIMA
ラジコン夢空間
とにかく商品が多いので助かります。「OPTION No.1」という他店では入手しにくいブランドを多数ラインナップしています。税別5,000円以上の注文で送料無料。
Rakutenラジコン専門店のラジコン夢空間
Yahoo!ラジコン専門店のラジコン夢空間
Joshin web
ラジコンの専門店ではありませんが、品揃えの豊富さと安さが人気のショップです。ときどき送料やクーポン、ポイントアップなどのキャンペーンをやっています。
RakutenJoshin web 家電とPCの大型専門店
Yahoo!Joshin web 家電とPCの大型専門店
Amazon.co.jp
なんだかんだいってもAmazonは外せないんですよね。当然ながらラジコン関連も豊富です。
AmazonAmazon.co.jpラジコンカテゴリ
AmazonAmazon.co.jpラジコン初心者ガイド

女性におすすめな小型ドローン【初心者・自撮り】

自撮りを楽しむドローン女子が増加中

ドローンを使って自撮りするドローン女子が増加中です。スマホとは全く違った写真が撮れて、インスタ映えを狙う女性がドローンを始めています。

男性のおもちゃで操縦が難しいイメージがあるドローンですが、小型で操作しやすいドローンが次々と登場しています。

そこで今回は自撮り女子おすすめ小型ドローンを紹介していきましょう。

自撮りでインスタ映えを狙う女性におすすめな小型ドローン

インスタ映えしそうな女性向けドローンは以下の3つです。

Parrot Mambo

女性におすすめな小型ドローン【初心者・自撮り】

RakutenParrot Mambo

AmazonParrot Mambo

Yahoo!Parrot Mambo

ドローン初心者がもっとも心配する操縦の難しさも、このParrot Mamboなら安心です。

ボタン操作だけで離着陸可能で、オートホバリング機能が自動で高度を維持するなど、とても操作が簡単なドローンです。

FPVカメラで撮影された画像はmicroSDカードに保存、きれいなHD動画や写真を自撮りできます。

Parrot Mamboは総重量200g以下なのでドローン規制法対象外です。屋内でも屋外でも好きな場所で飛行できます。

ZEROTECH DOBBY

女性におすすめな小型ドローン【初心者・自撮り】

RakutenZEROTECH DOBBY

AmazonZEROTECH DOBBY

Yahoo!ZEROTECH DOBBY

ZEROTECH DOBBYは自撮りに特化したドローンです。

DOBBYで撮影した写真は連携したスマホに保存、いつもの自撮りのようにどこでも手軽に使うことができます。気になる操作はスマホを使って簡単にできます。

ワンタッチ離着陸や自動ホバリング機能とGPSによる定点維持機能が思い通りの自撮りを可能にします。

こちらも総重量200g以下なので日本のドローン規制法に関係なく、基本的に好きな場所で飛行できます。

DJI Mavic Pro

女性におすすめな小型ドローン【初心者・自撮り】

RakutenDJI Mavic Pro

AmazonDJI Mavic Pro

Yahoo!DJI Mavic Pro

本格的に写真や動画を撮影するならDJI社のドローンがおすすめです。

10万円以上と高価ですが、テレビ撮影などでも使われる高画質でプロモーションビデオのような動画を空撮できます。Mavic Proは折りたたみ式の小型ドローンで、折りたたんだときのサイズは500mlのペットボトルと同じくらいの83mm×83mm×198mmしかありません。

重量も1kg以下と軽量なので持ち運びに便利です。FPV対応、4K動画撮影、スマホへのリアルタイム動画配信、追尾機能、自動飛行など、初心者でも簡単に本格的な操縦を楽しめるドローンです。

※DJI Mavic Proはドローン規制法の対象となる機体です。またドローン規制法の対象外であっても、屋外での飛行や夜間飛行をするときは法規制を遵守しなければなりません。ドローン規制法をしっかりと調べて安全にドローン飛行を楽しんでください。

参考記事:ドローンを飛ばすために必要な免許・資格・規制【ドローンパイロット】

この記事のライター:RC CAR KEIGO
男性が楽しむイメージが強いドローンですが、自撮りに特化した機種が登場するなど女性向けのドローンが続々と登場しています。まずは今回紹介した小型ドローンで経験を積んで、今までとは違った空撮での自撮りにチャレンジしてみましょう。
おすすめの記事