TAMIYA SHOP ONLINE
あのタミヤが直接運営しているネットショップです。タミヤのラジコンカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品がなんでも揃います。
Yahoo!TAMIYA SHOP ONLINE
TAMIYATAMIYA SHOP ONLINE
ラジコン天国TOKUSHIMA
電動、エンジンカー問わず幅広い商品展開をされており、即走行可能な完成車(RTR)も多数取り扱っています。ココだけでラジコン関連が全て揃いそうなほどです。
Rakutenラジコン天国TOKUSHIMA
Yahoo!ラジコン天国TOKUSHIMA
ラジコン夢空間
とにかく商品が多いので助かります。「OPTION No.1」という他店では入手しにくいブランドを多数ラインナップしています。税別5,000円以上の注文で送料無料。
Rakutenラジコン専門店のラジコン夢空間
Yahoo!ラジコン専門店のラジコン夢空間
Joshin web
ラジコンの専門店ではありませんが、品揃えの豊富さと安さが人気のショップです。ときどき送料やクーポン、ポイントアップなどのキャンペーンをやっています。
RakutenJoshin web 家電とPCの大型専門店
Yahoo!Joshin web 家電とPCの大型専門店
Amazon.co.jp
なんだかんだいってもAmazonは外せないんですよね。当然ながらラジコン関連も豊富です。
AmazonAmazon.co.jpラジコンカテゴリ
AmazonAmazon.co.jpラジコン初心者ガイド

ラジコンカーでドリフトカーとツーリングカーの違い

ラジコンカーで近年人気のドリフトカーですが、まずは通常のツーリングカーとの違いを知っておきましょう。

ドリフトカーとツーリングカーのシャシーを並べると外見上は大きな違いはありません。ではツーリングカーでドリフトができるのかと言うと「できます」

でもひとつだけ注意しておきたいのが「4輪駆動車(4WD)」であることです。FFやRWDでも一瞬のスライドはできますがドリフト状態の維持は難しいです。なお、電動のドリフトが主流ですがエンジンカーでもドリフトができます(難しいですが)。

ドリフトカーの特徴は滑るタイヤ

ドリフトカーとツーリングカーの大きな違いはタイヤ特性です。

ツーリングカーは「グリップする」タイヤを装着します。対するドリフトカーは「滑らせる」ためのタイヤを装着します。ドリフトカーでは意図的にタイヤを滑らせて車体をスライドさせています。

この部分は実車とも違い、実車で滑るタイヤの装着は危険ですがラジコンカーの場合は人間が乗っていないので問題ないこと、実車と違って低いスピード域からスライドさせる必要があることなどからグリップせず滑るタイヤを装着します。

ドリフトタイヤの種類

ドリフトカーが出始めた頃は塩ビパイプで自作していました。実はドリフトカーのタイヤはマニアがラジコンカーでドリフトができないのか?を研究した結果、塩ビパイプが最適という結果になったのです。その後メーカー各社から次々とドリフト専用タイヤが発売されるようになりました。

ドリフトタイヤは樹脂系ゴム系があります。

樹脂系の材質は「ポリカ」「ABS」「ポリエチレン」「ポリプロピレン」「ガラス混入ナイロン」などがあり、それぞれ特性に違いがあります。樹脂系の長所は滑りやすいことです。短所は滑りやすいが故にドリフトコントロールが難しいことです。ですのであまりにも簡単に滑るものはNGです。

ゴム系タイヤの材質はツーリングカー用タイヤと同じゴム質ですが、硬さが全然違います。樹脂系タイヤのようにテカテカしていませんし、トレッドパターンを再現できますのでリアル感があります。ただ、滑るとはいえ樹脂系タイヤよりは遥かにグリップしますのでドリフトさせるにはハイパワー+ハイスピードが必要になります。

樹脂系とゴム系のいいとこどりがハイブリッド系タイヤです。トレッド面は樹脂系でサイドウォール部分をゴム系の組み合わせで両材質の長所を生かしたドリフトを可能にしています。難点は組み立てに力を要して大変なことです。

 

ドリフト専用マシンの登場

当初はツーリングカーを流用していましたが最近ではドリフト専用マシンが登場しました。ドリフト専用マシンはハンドルの切れ角が多く切れ、60~70度近くハンドルが切れます。通常のツーリングカーでドリフトするとスライドは簡単にしますが、ドリフト状態を維持することはかなり難易度が高く難しいです。

そこでドリフト専用マシンはハンドルの切れ角を大きくし、リア周りはスピン状態になっていてもフロントタイヤにそれを打ち消すようなハンドル切れ角を与えて、ドリフト状態の維持を可能にしました。

 

ラジコンカーの一番人気

ドリフトカーはラジコンカーの中で一番人気になりました。スピードも低く、ラジコンカー初心者でも扱いやすことが支持されています。また、実車のD1マシンを忠実に再現したボディやホイールなどでリアル感を高めていることも人気のひとつになっています。ドリフト専用サーキットも各地にありますのでぜひドリフトカーを楽しんでください!

この記事のライター:RC CAR KEIGO
ツーリングカーのシャシーに塩ビタイヤでスタートしたドリフトも、専用マシンの登場で完全にラジコンカーのひとつのジャンルとして定着しました。リアル感にこだわるマシン作りをする人たちも出現して、ラジコンカードリフトの世界はまだまだ広がりをみせそうです。
おすすめの記事