TAMIYA SHOP ONLINE
あのタミヤが直接運営しているネットショップです。タミヤのラジコンカーやプラモデル、塗料や工具などのタミヤ製品がなんでも揃います。
Yahoo!TAMIYA SHOP ONLINE
TAMIYATAMIYA SHOP ONLINE
ラジコン天国TOKUSHIMA
電動、エンジンカー問わず幅広い商品展開をされており、即走行可能な完成車(RTR)も多数取り扱っています。ココだけでラジコン関連が全て揃いそうなほどです。
Rakutenラジコン天国TOKUSHIMA
Yahoo!ラジコン天国TOKUSHIMA
ラジコン夢空間
とにかく商品が多いので助かります。「OPTION No.1」という他店では入手しにくいブランドを多数ラインナップしています。税別5,000円以上の注文で送料無料。
Rakutenラジコン専門店のラジコン夢空間
Yahoo!ラジコン専門店のラジコン夢空間
Joshin web
ラジコンの専門店ではありませんが、品揃えの豊富さと安さが人気のショップです。ときどき送料やクーポン、ポイントアップなどのキャンペーンをやっています。
RakutenJoshin web 家電とPCの大型専門店
Yahoo!Joshin web 家電とPCの大型専門店
Amazon.co.jp
なんだかんだいってもAmazonは外せないんですよね。当然ながらラジコン関連も豊富です。
AmazonAmazon.co.jpラジコンカテゴリ
AmazonAmazon.co.jpラジコン初心者ガイド

RCカーをやるなら速く走れないとつまらないのかという質問

今までヘリや飛行機などの「空モノ」ラジコンをしていて自信がないのですが、やはりRCカーだと「速くならないとつまらない」ものでしょうか?

 

いや、自分の経験から言えばそうでもないようです。まあ速いに越したことはないんですが、この私がこれで結構楽しんでいますから。なにせRCカーは奥が深いので楽しみ方もいろいろありますよ。

 

 

ラジコンで勝つのが楽しいのか走るのが楽しいのか

どうもここら辺で分けて考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

例えば私は囲碁もしますが勝っても負けてもあまり気にはしない方です。

囲碁で何回勝っても打ち方が単調だったりすると飽きてしまいますし、負けても内容的に面白い対局だとおおお、すごかった!などと楽しかったりします。

RCカーのレースで勝つ楽しみ

RCカーのレースに出るなら確かに「速い方」が楽しいですから、そこを目指す方々はそれなりに努力されています。

先ほどの囲碁の話で言えば強くなるために定石を覚えるとか、ゴルフなら打ちっぱなしに通うという感じだろうと思います。

しかし私の場合は「おお!今回ばかりは周回遅れにならずに済んだではないか!」とか「今回はリタイヤしなかったぞ!」など、自分なりの目標をクリアすることで楽しみを見出します。

安定して周回していれば遅くても勝つことあり

レースになると皆さん張り切って走りますから先行しているマシンがクラッシュすればビリは免れたり、先頭集団がぶつかり合ってひっくり返ったりするものでその間に抜いちゃったりはありえます。

もっともこうなって後ろから追われる立場になってしまうと、私はパニックに陥ってライン取りがメチャクチャになって結局は抜かれるのです。レースでは安定して周回するのがベストだとわかってはいるのですが。

負けず嫌いの方がRCカーレースに向いているか

ほぼ一緒にRCカーを始めた方がいて、いつも「自分は負けず嫌いなんです」と公言されていましたが途中で突然「RCカーやめた!」と宣言されました。

その理由は「抜かれたり負けたりすると腹が立って仕方がないので精神衛生上よろしくない」だそうでして、なるほどそう言われればそうなのかもねと納得いたしました。

しかし「負けず嫌い」の方でも多くは「ドリフト」をされますよね。確かにドリフトは速い遅いではなくて「自分の理想のドリフト」を追及している感じで、それぞれの美学の追及みたいなところがあるようです。

RCカーで走るだけでも楽しい

私の場合はどちらかと言えばこちらの方なので、平日無人のサーキットに行っても楽しめます。

RCカーのボディで楽しむ

あんたまたボディ変えてきたの?と言われるほどボディがスキなのでとっかえひっかえいろんなボディを作ります。そのたびに「おおおおお、フェラーリだぜー」とか「たまにはセダンもええなあ」などと一人で走らせては楽しんでいます。

基本的な走り方がマスターできればボディ形状も走り方に大きな影響を与えていることが実感としてわかります。

時にはそのためにセッティングを変更する必要まであるのでレースで勝つことを中心に考えている方々は「空力的に有利な」ボディを使います。

「まあタミヤの(ライキリ)が無難」だそうで、「ライキリ?」そんな車があったっけ?と首を傾げていたのですが、これはタミヤのミニ四駆のデザイナーの方が開発されたものだそうで、そう言われれば顔つきがなんかミニ四駆っぽいです。

タミヤ RCスペアパーツ No.1585 SP.1585 ライキリGT スペアボディセット 51585

ついでですが夕方や夜間は見にくいので、私はレース用ライキリボディは蛍光イエロー一色で塗りたくっています。色々試したのですが結局それが一番見やすいようなので。

RCカーのオプションパーツで楽しむ

例えばタミヤのMシャーシの中ではM-07はなんだかM-05までとは違ってどっちかというともう競技車じゃん、というクルマで「ドノーマル」で走ってしまいます。

特別手を入れなくてもいいのですが、それじゃヤッパつまんないねえ、とアルミのオプションを入れたりします。

どのシャーシも基本的には樹脂ばっかなので、こう金属金属してくるとそれだけで「カッチョエエなあ」と自分でほれぼれするのです。下はアルミアップライト。

タミヤ ホップアップオプションズ OP.1253 M-05Ra フロントアルミアップライト

RCカーのセッティングで楽しむ

速く走るためにもちろんセッティングは重要ですが、基本的な走り方がわかると「今日はサーキットのグリップが弱いから重くしてみよう」とか、これは私とその同類の方数人しかしないですけどわざとリアを滑りやすくして、「パワースライドじゃあ!」などと喜んだりしています。

わざわざ走りそうもないシャーシをヤフオクで入手してはチマチマいじりまわして「ほらー!走るようになったー!」と叫んだりしています。こういう方々私はダイスキです。

RCカーの楽しみ方は人それぞれ

自作のドローン

上の画像はフル自作のドローンで、フレームは全て3Dプリンターによる打ち出しです。

ドローンにはまり込んでしまうとこうなりましたという実例ですが、GPSと気圧センサーで見事に一点に静止してくれるのです。確かに達成感はあったもののこの先どうするかと言えばもうほぼなんもないっす。

いや、ホントにどうしたものか。もうビスとか錆びてるし、可哀想に。

ラジコンの中でも奥が深いRCカー

その点RCカーはセッティング一つで色々と表情を変えてくれるので「こ、これは奥がフカイゾ!」とはまり込んでいる最中です。

ヒコーキはちょっとどこかいじってこう変わりましたとかないですし、自作機は途方もない労力が必要なのでめげます。

RCカーはあまりお金がかからない

これもまた魅力です。最初に必要な機材を揃えるにはそれなりの投資が必要ですが、ヘリほど高価ではありませんし壊れたとしてもパーツ交換程度で直りますからそんなに維持費が必要なわけでもありません。

この記事のライター:Mr.Desmas
ラジコンヘリやドローンなどの「空モノ」全般をしていたときは、「RCカーってどこが面白いんだろうか?」とその魅力がわかりませんでした。しかし今はもう興味深いことはなはだしいです。同様に空モノはしてたけどRCカーはどうなの?という方には是非お勧めしたいです。墜落しませんしね!
おすすめの記事