ラジコンカーの改造は普通の車みたいにできるか

ラジコンカーの改造に関する質問

ラジコンカーも普通の車みたいに改造できますか?

できます。ただ、改造にはいろんな意味があります。

普通の車の改造とは?

普通の車(乗用車)の改造には、

    • エンジンの排気量を上げたり、サスペンション(ダンパーやスプリング)を交換したり、タイヤやホイールを交換するなどの性能向上を目的としたチューンナップ
    • LEDやイルミネーションで電飾したり、内装やオーディオを自分好みにしていくドレスアップ
    • 屋根を取ってオープンカーにしたり、ワンオフのオーバーフェンダーを装着したりするリメイク

など様々あります。

ラジコンカーでこれらのドレスアップやリメイクを行うことは比較的簡単にできます。もちろんそれなりの知識と腕前が必要になります。

現在ではアフターパーツメーカーも含めて、様々なパーツや素材が発売されています。

それらを自分なりに組み合わせて加工することで、他にはない改造ラジコンカーにすることが可能です。

ラジコンカーの改造はセッティングや調整を指すことが多い

別の意味での改造には、セッティングや調整と呼ばれるものがあります。

実車で車高を下げたりマフラーを交換したりすると「改造した」といわれます。

しかしラジコンカーでは、車高を変えたりマフラーを変えたりしても、セッティングや調整の範囲と捕らえられるので改造とはいいません。

サーキットに行っても「今度このメーカーの車高調に変えてみた」なんて会話は耳にしません。そもそもラジコンカーでは車高調とは呼びませんね。

ラジコンカーでの改造というと、サーキットや路面、ドライビングレベルに合わせたタイヤやサスペンション、モーター、エンジンなどのセッティングや調整を指すことのほうが多いですよ。

ラジコンカーを改造できる時代は終わった?

以前はシャシーをFRPやカーボンから切り出したり、サスペンションアームをナイロン樹脂から削りだしたりもしました。

また、ボディを半分に切って幅を狭くしたり、プラ板を加工してボディを自作する人もいたりしました。まさに文字どおり改めて造る、改造ですね。

現在のラジコンカーは非常に洗練された設計になっているので、もうこんな改造は見られなくなるのかもしれませんね。

 

ラジコンカーが過渡期の頃には、様々なアイディアで自作や改造することが普通に行われていました。しかし近年のラジコンカーは非常に完成度が高いために、下手に改造すると性能ダウンに繋がるので改造マニアが消滅してしまいました。
おすすめの記事