ラジコンカーのボディカットに関する質問

ラジコンカーのボディカットに関する質問

ラジコンカーのボディカットがうまくできません。

何かコツはありますか?

ボディカットのコツは、カット作業が楽になる道具を使うことです

ラジコンカーボディカットは、道具を上手に駆使すれば楽にカットができます。

切れない刃物を使って力ずくでカットしようとすると怪我をします。よく切れる刃を使うようにしましょう。

最後にはボディ修理の裏技を紹介します。

ボディカットのコツ・揃えておきたい道具

ラジコンカーの穴あけはボディリーマを使う

ボディリーマ

ボディリーマ

ポリカーボネートボディへの穴あけにキリやドリルを用いると中心がずれやすく、意外と難しいものです。

ボディリーマを使うと非常に楽でキレイな穴を開けることができます。

なおボディリーマは先端が非常に鋭利なので、使用しないときには必ずキャップをして刃を隠しておきましょう。

誤って足の上に落とすと足に穴が開きますよ!

ハサミはボディ用の曲線バサミを使う

曲線バサミ

曲線バサミ

ラジコンカーのボディには微妙な曲線カットを要求する箇所が多数あります。

ボディカット用に用意されている曲線バサミなら曲がった刃先で曲線カットを、根元部分で直線切りができます。

普通のハサミでポリカボディを切るとすぐに刃が切れなくなりますが、RCカー用の曲線バサミなら刃の耐久性も高いですよ。

長さがある箇所はカッターで筋を入れて折る

クラフトカッター

タミヤ クラフトカッター

ボディのスカート部分などの長さがある箇所をカットするときには、ハサミを使うよりカッターのほうがキレイにカットできます。

カット方法は、カットラインに沿って何度かカッターの刃を滑らせて一筆書きのような筋を彫ります。そして余白部分を内側に折れば余分な箇所がカットできます。

コツはカッターで1本の筋だけをできるだけ深く掘ることです。何本も筋を引かないように注意しましょう。

ホイールアーチや給油口のカットはコンパスカッターを使う

コンパスカッター

コンパスカッター

ホイールアーチやエンジンカーの給油口・エンジンヘッド穴はコンパスカッターを使うとキレイな円状にカットできます。

カットしたい直径の半分の長さになるよう長さを調整して、コンパスを使う要領でカッター刃を何度か往復させて筋彫りしていきます。

ある程度深く彫れたら余白を内側に折ればカットできます。

ボディ修理の裏技。ボディの修理にはアクリサンデーを使う

アクリサンデー

アクリサンデー

走行を重ねてボディが割れてしまったらボディの端切れとアクリサンデーを使って修理ができます。

通常の接着剤では接着不可なポリカーボネートもアクリサンデーなら表面を溶かして接着(溶着)することができます。

修理方法は、ボディが割れてしまった箇所より一回り大きめにボディ切れ端をカットします。

その切れ端を割れた箇所の上に押し付けて、アクリサンデーを隙間に流し込んで数分待てば修理完了です。

ボディの切れ端は捨てないで保管しておきましょう(もちろん塗装されていないクリアな部分を保管します)。

 

ラジコンカーのボディカットのコツは、専用の道具を上手に駆使することです。要所要所で道具を使い分ければ楽に、そしてキレイにカットすることができます。合わない道具で強引に切ろうとすると、失敗する確率が高まる上に怪我をしやすくなります。
おすすめの記事